私の妊娠〜出産 ・ 帝王切開体験記

はじめに
妊娠初期 (4w〜8w)
  ┗妊娠判明/胎のう・心拍確認/出血→「絨毛膜下血腫」と診断
妊娠初期 (8w〜15w)
  ┗つわり/絨毛膜下血腫その後/酷くなる悪阻/予定日確定/
    母子手帳を貰う/妊婦服着用/胎動!?

妊娠中期 (16w〜22w)
  ┗戌の日・妊婦帯/胎動/性別判明/基礎体温終了/退職
妊娠中期 (23w〜27w)
  ┗妊娠線予防クリーム/「前置胎盤」と最初の言葉/名前決定/
    初乳が出た/結婚式へ/4Dエコー

妊娠後期 (28w〜31w)
  ┗「前置胎盤」出血注意/買出し/母親学級/情緒不安定/環境作り
妊娠後期 (32w〜38w)
  ┗「辺縁前置胎盤」と診断/追加買出し/帝王切開予定日決定/NST検査/
    臨月のお腹/最後の検診/入院/

妊娠経過 一覧
超音波写真

▽前置胎盤 編
妊娠7ヶ月の頃
  24週の頃-1/「前置胎盤」と最初の診断
  24週の頃-2/「前置胎盤」と診断された後・・・
  26週の頃  /「前置胎盤」2度目の検診
妊娠8ヶ月の頃
  28週の頃-1/「前置胎盤」本格的な注意を受ける
  28週の頃-2/本格的な注意を受けて不安な日々
  30週の頃  /やっぱり帝王切開になるのかな・・・〜出産方法について
妊娠9ヶ月の頃 
  32週の頃  /「辺縁前置胎盤」と正式に診断〜原因について
  34週の頃  /帝王切開予定日決定〜必要な理由
臨月の頃 
  36週の頃-1/「帝王切開」に対しての不安〜手術の同意
  36週の頃-2/胎児の様子〜NST検査
  37週の頃  /出産直前・最後の検診〜麻酔について
入院・出産〜帝王切開 
  帝王切開予定日-前日/入院・手術に備える
  出産当日-1/手術の様子〜帝王切開にて娘誕生!!
  出産当日-2/手術直後の様子
  出産当日-3/術後入院生活のスタート〜生まれた娘にまさかの症状
  手術後1日目-1/吐き気・痛みに耐える
  手術後1日目-2/娘の状態「新生児一過性多呼吸」
  手術後2日目/ガスを出すというノルマ〜我が子に初めて触れた!
  手術後3日目/ようやく抱っこ!初めての授乳
  手術後4日目〜/入院生活は大忙し!!
  手術後6日目/母になった痛み・・・
  手術後7日目〜/抜鈎(ばっこう)に採血に・・・
  生後7日目/へその緒の悲劇〜!!
  手術後9日目-1/退院の朝〜再びのショック・・・1週間後検診要
  手術後9日目-2/退院!!
産後 
  1週間後検診までの道のり
  1週間後検診/ホッと一安心
  1ヶ月検診/卒業!

帝王切開・前置胎盤 いろいろ 
  ┗帝王切開と母乳の関係
  ┗帝王切開の傷のこと
  ┗いいお産とは・・・? 〜医療に感謝!
  ┗前置胎盤の状態 <超音波写真・30〜34週>
妊娠中 役立ったモノ 
  ┗クチコミサイト
  ┗妊娠中に読んだ本「そういうふうにできている」
  ┗腹巻タイプの妊婦帯
妊娠・出産 お金のこと  

 

[37w2d-38w0d] 自宅で過ごす最後。そして入院

[37w6d]
お腹が苦しい。
お腹というよりも、胸の辺りに胃があるようで・・・ 本当に苦しい。

苦しいから、早く出てきて欲しいけれど
出てきちゃ困るし、陣痛が先にきちゃっても困るし・・・。

そんな日々の想いや願いが続いたまま、ようやくここまでたどり着くことができた!

無事に迎えられるか、不安がいっぱいだった38週も、目前!!

前置胎盤状態でありながら、本当によくもってくれたー!
ありがとう☆
という気持ちでいっぱいでした。

とりあえず、無事に入院できれば、後はお任せできる。
翌日には入院。そして、そのまた翌日には・・・
お腹の中で動きまくっている我が子に会える!!
無事に産まれて欲しい。
その願いと、わくわく&ドキドキ。

大きなお腹も最後。
よく、「 産まれてくることで、お腹の中にいる状態の赤ちゃんとお別れするのが寂しい 」
妊婦でなくなるのが、さみしい。
という言葉も聞きますが、
私には、そういう感情は一切ありませんでした。

胎動を感じるという、貴重な体験はできたけれど
大きなお腹をかかえての行動は本当に辛かったし、苦しかったし
なによりも、不安だらけで過ごした毎日を
早く(期日は全うして)、無事に終わらせたい!
その想いしかありませんでした。

「マタニティライフを楽しむ」なんて言葉とは、無縁だった。。。
とにかく、無事にここまでこられたことに感謝!

毎日、出血するのでは・・・という恐怖を抱えていたけれど
前置胎盤による出血が無かったことは、本当に奇跡ではないか!と思う。

お腹に赤ちゃんを抱え、自宅最後の夜も、無事に過ぎていきました。


[38w0d]
いよいよ、入院の朝。

万が一、突然の入院という事態になったときの為
夫でもわかるようにと、
妊娠後期からは、入院準備のために、ずーっと用意しておいた
大きなバッグや、紙袋の荷物。
それも幸い、正規の入院日に持っていくことが出来ました!

夫に付き添ってもらい、いよいよ入院。

洗濯機の使い方や、ゴミだしのメモなど・・・
これからしばらく一人での生活となる夫の為にメモを残し。
家を空けることも不安に思いながら、家の事を夫に託す。。。

自宅を出る時。
しばらく、ここには帰ってこないんだな〜という想いと
 (出産後は、実家へ行くことになるので)
次に帰ってくる時には、家族が一人増えているんだ!!
そう思うと、本当に不思議な気持ち。
無事に帰ってこられると信じて、不安と楽しみの交錯でした。

そして、病院へ到着し、入院手続き。
入院してからの詳細は コチラ に綴っています。

何かの参考になれたら 押していただけると嬉しいですにほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

 

【37w1d 検診】 最後の検診

前回の検診同様、まずはNST検査を受けました。
前回ほどは動いていなかったものの、胎児の元気な様子がわかりました。

そして、医師による入院前最後の検診です。
超音波での測定は34週の検診以来、3週間ぶり!
前回の 2036g から → 2273g に、成長していました!
しかし小さめ・・・。

あと1週間後には、帝王切開での出産が決まっているというのに
まだ、2500gには届いていない・・・。
やはり、医師も予想していた通り、小さめの胎児でしたが
医師曰く「超音波での推定体重は誤差もあるし、2500gくらいで産まれるかな?
ギリギリ大丈夫でしょう!」との事。
こう言ってもらえると、不安も少し軽減され・・・
ちょっとでも大きく育ってね!という気持ちでした。

子宮口も少し開いてきているし、出産は予定どおり。
状況からも、次週38週での出産が丁度いい頃でしょう!
との説明でした。
そして、手術の具体的な流れ、主に麻酔についての説明を受けました。
 (麻酔についての詳細は コチラ に綴っています)

貧血検査も問題なく、他の検査も含めて、妊婦の健康状態としては
出産に何の問題もないですね!と。
それでも帝王切開となってしまう。。。
そういう風に言われてしまうと、どうにもならない気持ちもあったけれど・・・
散々考えたことだし、今更言っても仕方のないこと!

胎盤の位置に変化はなく、1週間後の出産は予定どおり。
あと1週間で、待ちに待った赤ちゃんに会える!

ハイリスクな出産ではあるけれど、あとは全て医師にお任せし
赤ちゃんに会うことだけを楽しみに・・・

来週の手術予定まで、出血はもちろん、陣痛が起こらないよう祈りましょうと
最後の検診も終了でした。

何かの参考になれたら 押していただけると嬉しいですにほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

<前置胎盤についての詳細はこちら>
前置胎盤編 :  37週の頃/出産直前・最後の検診〜麻酔について 参照

体重・子宮底長・腹囲の数値、胎児の推定体重の推移など
数値の一覧表はこちら
 >> 妊娠経過 一覧 

 

[36w2d-37w1d] 臨月のお腹!こんなに小さくても赤ちゃん入ってる!

[36w3d]
足のつけ根が痛い・・・。
左足だけだったのが、両足共痛くなってきた。
お腹も苦しい〜
胸も苦しい〜
痛くて、苦しい体だけど・・・
赤ちゃんは、元気いっぱいに動いている!!


[36w4d]
眠い〜。
眠くて、眠くて、いっぱい寝た。


[37w0d]
お腹も大きくなってきて、こんなに苦しいと
赤ちゃんが出てきそうになって、出血しないか・・・
ずっと続いていた不安だけど、
お腹の苦しさから、一層心配になってくる。
でも、いよいよ37週に突入!!
帝王切開の予定日までも、あと1週間と1日。

ただでさえ、狭い子宮の中なのに
胎盤が下にあると、余計に狭かっただろう。。。
赤ちゃんも狭い所でガマンしながら、ここまでよく頑張ってくれた!
あと一歩! 一緒にがんばろう。

それにしても、苦しい〜


[37w1d]
出産1週前のお腹です。
37w1dのお腹
自分としては、精一杯の大きさで
有り得ないくらいに膨らんでいる! と思うお腹でも
多分、小さい方でしょう・・・。

小さめと診断されていた赤ちゃん。
お腹が大きくならないから、大きく育てないのかな?とか
栄養がちゃんと行き渡っていないのかな?
と、不安がいっぱいありました。
それでも、無事に、ここまできました。

こんなに小さいお腹でも、羊水の量も問題なく
赤ちゃん、しっかり入っています!

エンジェリーベ のデニムパンツも、このとおり臨月まではけました!
『 臨月まではける! 』 とあって、本当かな〜?
と思っていましたが、デニム地の伸びも良く
お腹のリブ編み部分も、幅が広く作られていて、良く伸びるので
お腹の上まで、すっぽりガードできて
とっても安定した、穿き心地でした。

ずり下がってくるような心配もなく、これを穿いていると
「 妊婦に見えないね! 」 と、友人にも驚かれました。
そう言われると私の場合、お腹があまり大きくないからな〜
と、少し複雑な想いもありましたが・・・。

家の中では、スパッツ(今で言うレギンス。。)や
夫のお下がりのゆるゆるズボンなど・・・
ゆったりとした格好をしていましたが
お出掛けの時には、このデニムパンツが最強アイテムでした!

いよいよ出産前、最後の検診になります。

何かの参考になれたら 押していただけると嬉しいですにほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

 

【36w1d 検診】 手術の説明とNST検査

通常の受付を済ませた後、まずは入院予約金60万円を入金しました。
大金を預け、「いよいよなんだな〜」という気持ちが、一層強くなってきました。
 (入院費用についての詳細はコチラに綴っています)

36週からは、医師の診察の前に「 NST検査 」がありました。
お腹の張り具合と、赤ちゃんの心拍数をグラフで見ることが出来、
胎動を感じた時に、手に持ったボタンを押すというもの。

赤ちゃんの心拍は大人よりも多く、通常の状態では130〜140くらいとのこと。
一生懸命に鼓動を打っている『 ドッドッドッ・・ 』 という音が聞こえてきました。
そして、お腹の中で動いたのが分かると
それと同時に胎児の心拍も160くらいに上がり
お腹の張りを示すグラフも、振り切れる程のMAX状態に!
『 針が振り切れるような胎児の心拍 』の山の状態が沢山あると
赤ちゃんが元気という証拠なんだそう。

この時は、タイミング良く、沢山動いていたようで
胎児が動いた時の様子が良く分かりました。

狭いだろう子宮の中で、ちょっと動くことだけでも
赤ちゃんにとっては、すごい運動量になるんだな〜! と感じました。
元気な様子が分かり、「 お腹の中で生きている! 」ということが実感できて
赤ちゃんの様子も分かって、おもしろい!(という言葉が適当か分かりませんが・・・)
胎盤のことでは、沈む気持ちばかりだったけれど
NST検査は、まだ直接見ることができない赤ちゃんを
なんだか近くに感じられる・・・、とっても嬉しい検査でした。

赤ちゃんが元気でも、たまたま寝てしまっていたりで
その時は、動きが少ない・・・というケースもあるようです。

ベッドに横になり、20分程の検査でした。


そして、その後は医師の診察。
NST検査の結果を見て、胎児が元気ということで・・・
超音波の測定はナシ。
大きくなったか心配だったし、楽しみにしていたのに、ちょっと残念でした。

そして、いよいよ出産についての具体的な説明を受けました。
「36週で最終的な判断を」 と、前々から言われていた
その36週が、とうとうやってきました。
状況は変わらず、手術は予定どおり決定的です。
前回の検診で決定した、帝王切開の予定日まで
いよいよあと2週間!!

『 前置胎盤 』と診断されてからは、ずーーっと出血の恐怖と戦う日々でした。
本当にトイレに行くのが恐かった毎日。。。
まだまだあと2週間、そんな日々は続くけれど
「 殆どのケースが妊娠後期で出血をみる 」と情報を目にしていただけに
出血せず、ここまでよく持ってくれたな〜
というのが、本当に正直な気持ちでした。

ここまでくれば、もし何かが起こったとしても
きっと助かる!大丈夫!! と信じて・・・

手術については、コワイ話や聞きたくない話題もあったけれど
避けては通れない、きちんと確認しておかなければいけないこと!
 (手術の同意等についての詳細、輸血のこと、子宮摘出のこと、肺血栓塞栓症のこと
   はコチラに綴っています)


疑問点や、不安なことを質問し・・・
とにかく、お任せするしかない! 
無事に生まれてくれますように・・・ と祈る気持ち。

子宮口も、少し開き気味になってきているし、
一層の出血注意で、おとなしくしていて! との注意でした。

臨月に入り、検診は1週間ごと。
次回37週が、最後の検診となる予定です。

何かの参考になれたら 押していただけると嬉しいですにほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

<前置胎盤についての詳細はこちら>
前置胎盤編 :  36週の頃-1/「帝王切開」に対しての不安〜手術の同意  参照

体重・子宮底長・腹囲の数値、胎児の推定体重の推移など
数値の一覧表はこちら
 >> 妊娠経過 一覧 

 

[34w2d-36w0d] 臨月突入!

[34w2d]
このところ、あまりにもお腹の中で赤ちゃんが動くので
お腹がしびれる〜という感覚になる!
これって、張っているのかな??

椅子にずっと座っていると、それだけで左足がしびれる。
朝はむくんでいるのか、足がパンパンだし。
こんなことは初めて。
やっぱり妊娠すると、お腹が大きくなるばかりではなく
いろいろな体の変化が起こる!


[35w1d]
椅子に座っていると、本当にすぐ足がしびれる。
それも左足だけ。
ソファーにゆったりと腰をかけていれば大丈夫なんだけど・・・
食卓に座るのも辛い。

もう歩くのもやっとこ!という状態。
ちょっとの距離でも歩くと疲れるし。しんどい。
しゃがむのも辛いし。何もかもが大変!

まだ、これ以上お腹が大きくなるのかと思うと・・・
もう自分では、最大ではないか?と思うほど、十分デカイのに。。。


[35w4d]
夜11時頃が、一番お腹の中で暴れまわっている赤ちゃん。
いつも決まってこのくらいの時間。 何でだろうー??
お腹中が張るような感覚、というよりもお腹が硬くなる時が
前よりも多くなってきた気がする。


[35w5d]
赤ちゃん、ちょっと下がってきたかな?
そんなふうに感じる。
会えるのも、もうすぐだね〜!


[36w0d]
いよいよ臨月に突入!
初期の8週では出血して心配したものの、無事に赤ちゃんは育ってくれて
幸いにも、前置胎盤での出血は無く
臨月を迎えることができた!
ここまできたら、大丈夫!と信じて・・・。

前日、いっぱい歩いたからか、グッタリでお腹もすごく張っている感じに・・・。
お腹がカタイ時が、本当に多くなってきた!


妊娠で変わったのが食事!
夏の暑い時期だったにも関わらず、揚げ物ばかりが食べたかった私。
とにかくお腹が空くけれど、一度に沢山は食べられないので
腹持ちのいい物を、好んで食べていました。

まだ仕事をしていた頃は、昼食にピザ類やグラタンなど
こってりとしたものばかり食べていたり、
仕事を辞めてからは特に、冷凍コロッケなどを冷凍庫に常備して
昼食にもコロッケを食べるなど、揚げ物ばかり食べる日々でした。

お腹は苦しくて、早く出てきて欲しいけれど
赤ちゃん小さいから、まだ出てこないで欲しいし・・・
もうしばらく耐えて、お腹の中で育てなければ!

待ち遠しいけれど、赤ちゃんを出すためのことを考えると怖い・・・。
複雑な気持ちがいっぱいの、臨月突入でした。

何かの参考になれたら 押していただけると嬉しいですにほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

 

【34w1d 検診】 帝王切開予定日決定

赤ちゃんは 2036g と、2000g を超えるくらいの大きさに成長!
ようやく2000gを超えた! と一安心した私ですが、
赤ちゃんは、やはり小さめのよう。
医師は、「育ち方は順調だから大丈夫。前置胎盤のように、胎盤の位置が
下にあると、胎児が小さめのケースが多いから。」 と。
「多少小さめなのは仕方がないことだから、大きさは気にしなくてもいいよ。」
というようなことを、言っていただきました。
胎児の大きさ、成長具合は、もちろん気にしていたことだったので
このように説明して頂けたことによって、気持ちもラクになりました。

前回の血液検査の結果、心配だった貧血も 12.8g/dl と
数値上はギリギリ大丈夫でした。

そして、問題はやはり胎盤の位置。
ここまできたら、変わっている期待も薄く・・・
胎盤位置に変化なし
出産方法は、帝王切開ということになりました。
私にはできることもなく
「 万全の体制で臨みますから、任せてください 」という医師の言葉に
全てをお任せするしかありませんでした。

“ どうしても下から産みたい ”と、トライしてみることも可能だけれど
大量出血の危険、すぐに緊急帝王切開に移れる体制で分娩に臨んでも
非常に危険な出産となるということ。
当然、“ 予定 ”で行われる帝王切開よりも“ 緊急 ”ならば
前置胎盤という状態を考えると、慌しくなってしまう。
危険なことも承知の上でトライするのか、最初から安全な方法を選択するのか?


そういったお話がありました。
ここに来るまでにも、もちろん考えていたことで。
第一には、『 無事に赤ちゃんを抱く! 』ということ。

出産方法にこだわるのではなく、赤ちゃんを無事この世に誕生させる!という
一番の目的の為、取れる最善の方法。
それが、今回の私にとっては「 帝王切開 」であろうと、
このような選択となりました。
危険なことに、臨むのは、本望ではありません。
医師にも、落ち着いた体制で執刀して頂きたいし、
あえて危険なことに、挑戦するつもりはありません。
自分一人の命ではないし。。。

医師からも、「 赤ちゃんを無事に産むための最善で安全な方法である
という点の説明を、キチンとして頂けたので、
全てをお任せし、納得した上で、帝王切開での出産という選択となりました

以前の検診では、「36週で最終的な判断を」と言われていましたが
帝王切開での出産はもう確定的なことなので、
早めに一番ベストな日を予約しておいた方がいいと、
帝王切開予定日を決めることになりました。

もう既に、手術室の予約の入っている日もあったり
担当医師が不在で選べない日があったり。
やはり、早めに確保しておいた方が安心のよう。

日にちとしては、正期産に入る37週以降がベスト。
そして、胎児も少し小さめなので、できるだけ2500gに近づけたく
長くお腹においておきたい。
しかし、先に陣痛がきてしまうと非常に危険!
(先に胎盤が出て、大量出血の危険)

全てを総合的に判断すると、出産は38週がベストとの事でした。
そして、陣痛が来てしまう事態を避けるには、早めの方がいいだろうということで
帝王切開予定日が 38週1日 と決まりました。

この診察室で一応、子供の誕生日も決まったことになります。。。
「 子宮口も、いい感じに(週数相当の柔らかさ?)なっているんだけどなぁ・・・」と。
胎盤の位置が〜!! こんなことに。。。

やっぱり、誕生の日がこういった形で決まることには、複雑な心境でしたが・・・
こうすることが一番ベストだった!
そう言い聞かせて、納得するように努めました。

原因も偶発的なものという前置胎盤。
どうしてこんなことに・・・ という思いは当然ありましたが
無事に出血すること無く、出産の日を迎えられますように!
向かうは、その思い一つでした。

何かの参考になれたら 押していただけると嬉しいですにほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

<前置胎盤についての詳細はこちら>
前置胎盤編 :  34週の頃/帝王切開予定日決定〜必要な理由  参照

体重・子宮底長・腹囲の数値、胎児の推定体重の推移など
数値の一覧表はこちら
 >> 妊娠経過 一覧 

▼胎盤位置の超音波画像はコチラ

 

[32w4d-34w1d] チャイルドシート&ベビーカー購入!

[33w0d]
再び、ベビー用品のお買物へ。
ベビーザらスアカチャンホンポ などのお店巡り。

小物類も沢山購入し・・・ そして、メインは、チャイルドシート
退院時には、必要になるので早めに購入しておかなければ。

多少は、下調べをしていたけれど・・・
メーカーも種類も沢山あって、どれを選んでいいものか〜。
良さそう、いいかな〜と思ったものは、お値段もそれなりで。
でも、赤ちゃんの命を守るともいえるチャイルドシート。
これだけは、ケチるだけで妥協をするのは止めよう!
と、夫と話し見ていました。

そして、意外にネックだったのが、取り付け可能車種の制限があること。
我が家の場合、車のシートが移動できる車種だった為か
床と3点でささえるタイプのチャイルドシートが設置不可でした。
これがいい!と選んだ物も、適合車種の表を見ると「×」・・・。
仕方なく断念したり。
選択するのが、思ったよりも大変でした。

あちこち、見て周り・・・ 悩みに、悩んでいたところ。
ふと夫が思いついたのが、「 チャイルドシートもカー用品 」ということ。
カー用品の専門店を覗いてみると、たしかに置いてある種類は少ないものの
いいかな〜と思って見ていたのと同じ商品が、特価品扱いに!
意外な穴場でした。
値段が全然安い!! ということで、購入を決定!

我が家が選んだのは、コンビのプリムロング
   

これならば、ベビーシート → チャイルドシート → ジュニアシート
と、カタチを変えながら適用年齢中ずーっと使えるので
子供が大きくなっても、買い換える必要がない!
買って正解のお買物でした。


そして、もう一つの大モノ。
ベビーカーの購入も悩みました。
購入は、生まれてからでも遅くないという意見も聞きましたが
我が家のライフスタイルを考えると、すぐに使うことになるかな?と思い・・・
小さい子供を連れて、慌てて買うのもな〜と悩んだ末
この時点で購入してしまいました。

我が家が購入したのは、アップリカのこちらのタイプでした。
     

選んだポイントは、赤ちゃんの乗り心地もそうですが
機能性を重視して選びました。
 ・片手で開閉できる
 ・畳んだときに、自立する(他に支えが要らず安定して立たせておける)
 ・両対面式 AB兼用
という点をポイントに、選びました。

実際、生後1〜2カ月の頃からフル活用だったので
私は、早めに買っておいて良かったな〜と思いました。

ずっと、準備しなきゃ〜と思っていたベビーグッズが購入できて
スッキリ〜!!


[33w1d]
お腹の中では、相変わらず元気いっぱい活動中。
赤ちゃんも大きくなったから、動きも大きくなってきた〜。


[34w0d]
いつも激しく動いているけれど、
夜は、特に激しく動く!!
自分では、もう限界!って思うほど、お腹は大きくなっているんだけど・・・
まだまだ大きくなるなんて〜 もう、苦しすぎる。。。


[34w1d]
明け方、恥骨あたりがミシミシ痛い!?
前夜、すごく動いていたのは、少し赤ちゃんが下がってきたのかな??

何かの参考になれたら 押していただけると嬉しいですにほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。